二宮町議会予算総括質疑を傍聴して気になったことを掲載します。


◆財源確保の答弁で「依存財源の確保に努めてきた」ことを含めていたこと。

私は、これが必要以上の施設をつくり、維持管理運営費や人件費で財政を圧迫し問題だったと思います。未だにその認識が町行政にないのかと思いました。


◆地方創生予算でプレミアム商品券の発行は持続効果のために何をするのか不明。

町の経済ビジョンを明快にするためにも、議員にさらに切り込んでほしかったです。
町の中でお金を循環させる視点は大切だと思いますが、村田町長にはないようでしたので、プレミアム商品券の発行とつじつまが合わないように感じました。
近隣との連携は必要ですが、町民が勤務地での買い物をすることを良いとするのは違うと思います。


◆町民参加の手法が曖昧。

アンケートはやり方によっては非常に危険ですし、町民の意見を聞く時、町民の真意を探り、実践につなげるやる気を起こすためには相当の力量が必要です。
コミュニティデザイナー山崎亮さんの著作の中にも行政が町民参画で町民の集め方、意見を取る時の尋ね方に問題があることを指摘していました。

二宮町総合計画策定ワークショプでは各部会で計画書まで町民の手でまとめあげました。しかし、それは具体的すぎるので、基本計画には盛り込めない実施計画に盛り込むといいながら、どこに反映されたのか全くわかりませんでした。

また、職員の出前講座や町長が意見を聞く場が団体に限られているように感じられました。これからは熱意のある個人の実行性を高めていくために、どうフォローしていくかの視点を持ってほしいと思いました。


◆まちづくり条例に取り組むのが遅かったという町長答弁。

それはどこに問題があったか議員に追及してほしかった。
坂本町長が1期目の時に景観条例が所信表明にもあり、陳情も出されましたが、議会で否決されたし、高度制限がなされたからと取り組まれませんでした。

景観は主観の問題でなく、突き詰めていくと今回のような開発などは醜い景観です。人間が美しいと感じるものには、安心の尺度も入っていると思います。


◆町民主導のまちづくりの視点の欠如

議員の質問、町長の答弁に町民主導のまちづくりの視点が欠如していると思いました。
図書館効率化管理計画を村田町長は凍結し、図書館の正規職員の削減を食い止めたそうです。正規職員を確保するには人件費が必要になりますが、それを良しとする明快な説明がありませんでした。
ふたみ記念館も運営に人件費がかかります。他の公共施設でもしかりです。

これを消極的に捉えるか、積極的に捉えるかによって違いが出ます。
私は町民主導のまちづくりを進めるうえで拠点やファシリテーターは必要だと思うので、その任を担う人となる仕掛けを検討してほしいと思います。
図書館職員には、この図書館だけでなく、まちなかライブラリーをつくる、ふたみ記念館のスタッフにも市民文化を根付かせる、他の公共施設の運営スタッフにもコミュニティの調整役を。
そして、町民主導のまちづくりを実現してほしいと思います。



しお風 神保智子