1219日の「予算編成への町民参加」をテーマにしたまちづくり移動町長室。町長宛に「予算編成見える化作戦」として、4つの方法を提案。


提案 予算編成見える化作戦(一般会計)

借金の将来分析グラフの作成、そこから借金ゼロ元年の設定、借金をなくす身の丈に合った予算規模を公表し、町民・職員が一見して検討できるような優先順位づけなどの方法で要求歳出を削減し、予算編成の見える化を行う。

1 優先順位分類座標の作成   
2 補助金の一律申請・公表審査化   
3 職員が働く意欲を増す観点からの人件費・委託の見直し   
4 優先順位分類座標の観点も入れた行政評価・監査
IMG_20151227_0002
IMG_20151227_0001
この提案に関しては借金ゼロまでは町は考えていませんが、4次二宮町行政改革推進計画の中で「町債残高の計画的な削減」が位置づけられ、来年度は10年先までの町債予算目標値が設定されることになっていますので、「借金の分析グラフの作成」は、できると思います。


昨日紹介したように、町が実施した満足度調査の結果1の「優先順位分類座標の作成」もできると思います。

4次二宮町行政改革推進計画の中で「補助金制度の抜本的な見直し」が位置づけられ、来年度に公平性や透明性の強化に向けた規則改正・制定、再来年度施行・予算への反映がされることになっていますので、2の「補助金の一律申請・公表審査化」もできると思います。

また、「工事・委託・物品調達コストの縮減」「事務事業の見直し」「イベント的な事業のスクラップアンドビルド」「行政評価結果の予算への反映」「公共施設の再配置全体計画。実施計画の策定・推進」が位置づけられ、来年度には方向性がきまる予定ですので、3の「
職員が働く意欲を増す観点からの人件費・委託の見直し」、4の「優先順位分類座標の観点も入れた行政評価・監査」もできると思います。

今年度から来年度にかけて、私たち町民が関心を持ち、町財政に理解を深め、町行政や議会に働きかけていくことが重要だと思います。ですから、この「しお風いどコミ」で意見交換をし、理解を深めたいと思います。
1-8 (2)

寒川町の市民オンブズマンの情報誌「ささえあい」が送られてきました。来年度の予算編成や位置づけの害などについても掲載されています。参考にしてください。
寒川の予算編成方針

しお風 神保智子