またまた美味しいパン屋さんが4月13日に開店しました。
今までは学芸大学で開業し、美味しいパン屋さんと評判で、二宮に移転するのが惜しまれていました。二宮はよく遊びに来ていて、お子さんが小学校に入学する機会に引っ越してきたそうです。

店主の望月哲二さんは18歳からパン製造に関わり、23歳からヨーロッパの本格的なパンづくりの修業を始め、現在は日本人らしい繊細な改良を加えた天然酵母を使ったパンづくりに励んでいます。
20170426パンティグレ

サワー種、レーズン種、レモン種、いちご種、ルパン種を用途に応じて併用し、8種類の小麦粉の個性を活かしてブレンドしてパンを作り、バゲットをどれだけ美味しく作れるかと精進の日々。

今でも40種類くらいのパンを作り、毎日買いにいらっしゃるお客さまのために、日替わりで違ったパンも作っているそうです。その美味しさで午後にはほとんど残っていない状態なので、午前中にお買い求めを。
20170426パンティグレ (4)

ちなみに、店名はスペイン語のパン屋とういう言葉と哲二さんが寅年生まれなことから虎と名づけたそうです。哲二さんは一見寡黙な職人肌に見えますが、気さくな人柄で、明日のパンの仕込みをしながら、いろいろお話してくださいました。

ゆくゆくは、ライ麦を乳酸発酵させた本格的なパン、ポーランドの水分量の多いパンなど時間がかかるパンも増やしていきたいと。

そして、小学校前にあるので、小学生が下校後ワンコインで買える子ども用のパンも揃えたいとのことでした。

さらに、二宮の特性を活かした落花生やみかんを使った他にはない名物になるようなパンづくりにも挑戦したいとも語っていらっしゃいました。

販売は、笑顔の素敵な奥様の富美子さんと奥様のお姉様が担当して、家族の息のあった家庭的な雰囲気のお店です。

あれもこれも買ってみたくなりますが、やはりシンプルなセンテーノがオススメです。ぜひ、味わってみてください。


Panaderia Tigre(パナデリーヤ ティグレ)
二宮町山西1387-7
山西小学校前

☎ 0463-59-9389 

定休日  日曜日・月曜日

営業時間 9:00~売り切れ次第終了
20170426パンティグレ (2)

しお風 神保智子