木枯らしが吹いてそろそろ冬本番です。
風で吹き寄せられた秋の風情を再現してみましょう。
051
087 (2)
吹き寄せは「富喜寄せ」とも書き、縁起ものです。

人参を紅葉型に、さつま芋を銀杏型に抜きます。五センチ位に切った蕎麦を二本合わせて端を海苔で止める。昆布ははさみで木の葉形に切って。銀杏や栗、しめじ等お好みで全て油で揚げます。塩を振っても良し、冷まして砂糖をまぶせばホラ、霜がおりた!

散歩の途中で拾った落葉を飾ったりして、自分だけのゆく秋を楽しんでね。


2017年11月1日発行地域コミュニケーション紙「しお風」から転載
京の味 圓山」の女将村上 歩さんが季節にちなんで子どもと一緒に楽しんでつくれる料理を紹介しているコラムです。

バックナンバーは「しお風」ホームページでご覧いただけます。
こちらです。