立春。まだまだ寒いけれど、密やかに確実に命の躍動を予感します。いつもの通り道、角のお宅の木蓮の蕾が膨らんでゆく。窓から見える正面の山腹のコブシの木が色づいてゆく。鶯の声が力強く上手くなってゆく。
P2131667
華やいだ気分に乗せて手まり寿司を。春は魚介類も卵を抱えおいしくなります。鯛、平目、蛤など布巾(ラップでも良い)に包んでにぎります。ご当地のみかん果汁を酢飯に加えると香り倍増です。

楽しい春の思い出は摘み草。二宮には里山の土手や湧水もまだ残っていて嬉しいですね。土筆、芹、嫁菜、アクが強く手が黒くなりますが、酢飯に混ぜても良し、炊き込みご飯にしても良し。ほろ苦い早春の息吹を味わってください。

「京の味 圓山」の女将村上 歩さんが季節にちなんだごはん料理を紹介しているコラムです。
2018年2月1日発行地域コミュニケーション紙「しお風」から転載
バックナンバーは「しお風」ホームページでご覧いただけます。
こちらです。

しお風 神保智子