9月19日(水)に「しお風いどコミ」号外を発信しました。
「二宮町長職員残業代30年以上未払いで謝罪!行政体質、議会体質が大問題。」をテーマにカナコロやNHKニュースにリンクさせ、「しお風」のコメントを掲載しています。
内容はこちらです。
このことについて、お便りをいただきました。

みなさんもご意見、ご感想をお寄せください。
お便りイラスト


【茅ヶ崎市の村中恵子さんから】
神保さま 久しぶりのメール、お元気で何よりです。
朝、新聞を読んでいて、二宮も凄いことしているなあと見ていたら、このメールでした。

昨日、茅ケ崎市議会の議会運営委員会に私たち自治基本条例市民の会が出した請願が否決されました。
前回の議会で、法律違反で設置された市長の諮問機関で計画や方針が出されたものを多額の金を使って推進していることへの議会の行政のチェックをきちんとしてほしいとの陳情を出しました。

しかし、議会ではそんなことはわからないと、自分たちの調査権も放棄したような議論で否決されたので、今回同じ内容を請願で出したものです。
その前回の議論がおかしかったので、もう一度議会の役割をしっかり果たしてほしいという内容でした。
内容には賛成するが、そこについている自分たちを批判された内容が気に入らないからとまた否決、賛成はたった一人でした。

議会が自分たちの仕事をしないでいると、行政は法律違反を次々に行って、良いようにやっていきます。
市民も目を光らせていないとだめでしょうね。この有識者会議の違法性も市民が指摘したものです。

茅ヶ崎市は法律を理解している職員が少なくなっています。脱公務員試験で入ってきた人たちが増えているので、ひどい状況です。

今後、地方自治体はどうなっていくのか、これからがあんな安倍政権に対する抵抗をするべき地方自治体なのに、情けない有様です。
体に気を付けて、活動してください。



【二宮町のHNさんから】
昨夜7時前のNHKニュースで、本件を知りました。
全国的な大事件です。

まさに指摘されるべきは、違法なことが30年以上も続いてきた「行政体質」であり、「議会体質」です。

とりわけ町政を牛耳る職員幹部の責任が重いです。
そのような「黒いネズミ」を一掃しなければなりません。
今後も追及してください。



  しお風 神保智子