今日11月20日(火)大磯プリンスホテルで星槎グループ主催の野村克也氏講演「凡人の強み」を拝聴して、「しお風」は「これからが本場!」をつくづく実感しました。
01 - コピー

二宮町長・町議会議員選挙結果を見ると、町に閉塞感が漂ているのに、いやだからこそかもしれませんが、「選挙出馬者も町民も町への真の危機感は薄く、争点が不明確で心地良い言葉を発する人に投票してしまった人が多かったのでは」と思いました。そして、私が「しお風」に掲載したこと、伝えたいことが伝わらないことを最近嘆いていましたが、私は凡人だから、今はまだまだ努力が足りなかったことを痛感しています。
20181104イラスト1
そして野村克也さんのお話に「成長は基礎、基本、応用。応用に走りがちなのでみんなダメ。基礎、基本省いてはダメ。正しい努力が必要」「壁にぶつかった時は原因究明をして、改善しなくてはいけない。うまく機能しないのは何故か究明しなくてはいけない」「その年代でやるべきことをしなくてはいけない」「妥協はダメ。楽してはダメ。そのようなことに流されない」「言い訳はダメ。自分の守りでなく、自分自身で自分を攻める。失敗して成長する。思い通りに行くことは絶対ない。失敗から学ぶ」などがありました。

これらはまちづくりにも、「しお風」の信念にも通じていると思います。二宮のまちづくりの課題は何か、その究明をして改善を提案し、それを公職者に言論とまちづくり活動で示していきます。それに動かされず、糾明しない公職者にはダメとレッドカードを突き付けていきます。
20181104イラスト2
これからが「しお風」本番です。
お話にあったように「見る人は見ていてくれる」と信じています。
 
しお風 神保智子