11月24日(土)にwalkwalk地域探検ツアー「湘南の残したい資産、湘南みかんのある暮らし」、12月1日(土)湘南みかんの収穫、8日(日)walkwalk地域探検ツアー「湘南の残したい資産、生活文化と季節を感じる風景」を開催しました。いづれもみかんと関係しています。
20181201みかん収穫 (4)
12月1日の湘南みかんの収穫は子どもから大人まで20名以上の方が参加。2度切りを説明し、各自それぞれの木の味見をしながら、楽しく収穫をし終えました。
20181201みかん収穫 (9)
20181201みかん収穫 (12)
20181201みかん収穫 (5)
とりたて絞りたてのみかんジュースは大好評。
昼食もみんなで分担してつくったみやじ豚しゃぶしゃぶ、笹の枝につけて焼いたチョリソー、大根、青菜、水菜を昆布だしに入れ、みやじ豚をしゃぶしゃぶし、塩と醤油で味付けした野菜汁。

そしてシンプルな大根葉梅干ちらし寿司、お赤飯おにぎり、青摘みかん果汁を酢飯にいれた京の味圓山の瀬の海鯖の棒寿司、りんごケーキ、自然農法ぽんぽこファームの大根と人参のスティックなど美味しくいただきました。
20181201みかん収穫 (20)
20181201みかん収穫 (1) - コピー
20181201みかん収穫 (3) - コピー
半日、みかんのある暮らしを堪能しました。

みかんは二宮の魅力的な暮らしに密接に関係しています。

二宮の地形の特異性や弟橘媛(オトタチバナヒメ)の伝承、特産品のみかん、旧山川秀峰・方夫邸、東大二宮果樹園跡地など、二宮の魅力的な場所はみかんと深く関わっています。

今少しづつ、そのつながり、物語性を綴り始めています。
walkwalk地域探検ツアー「湘南の残したい資産、湘南みかんのある暮らし」ガイドブックに記載していることから、みかんの花言葉が「花嫁の喜び」「純潔」などから「愛」をキーワードにさらに町全体に広げて書き上げていきたいと思っています。

「湘南❤風と星物語」として来年の11月にはまとめ、発行する予定です。

しお風 神保智子