12月8日(土)にwalkwalk地域探検ツアー「湘南の残したい資産、生活文化と季節を感じる風景」を開催しました。参加者は23名。
今回は吾妻神社が伊東忠太の設計したことがわかり、宮係の方たちのご協力をいただき、湘南邸園文化祭のガイドブックに掲載した順路を急遽変更しましたので、心配でしたが、参加者のみなさんの感想は好評でした。

まず、吾妻神社の参道である梅澤口からのぼり、吾妻神社の社殿に入り、宮係の方に案内していただきました。
20181208ツアー (3)
20181208ツアー (4)
その後、二宮の大地の成り立ちがわかる吾妻神社脇の地層がわかる露頭を見てから、吾妻山展望台へ
自由時間で昼食を取っていただいた後に下山。渡邉落花生工場を見学。明治初期のモ-ターや関東大震災も耐えた梁など工場建物と落花生ができるまでの過程などを店主から伺い、野外ではちょうど落花生を干しているのを見ることができました。
20181208ツアー (12)
20181208ツアー (13)
そして、知足寺から旧吉田五十八自邸を展望し、O 邸の自然風もみじ庭園を見学しました。
20181208ツアー (14)
そして、いよいよ旧山川秀峰・方夫邸へ。建物内を自由に見学でき、現所有者のお話に参加者は感激していらしゃいました。
20181208ツアー (16)
20181208ツアー (23)
好評でしたが、定員を超えて受け入れてしまい、気配りが行き届き、一体感が持て、参加者全員楽しんでいただけるのはやはり15名くらいが限度だと思いました。

今回は特に当日ガイドもするのに私は発熱してしまい、吾妻山に上るのもつらく、声もイマイチ迫力がなく、旧山川邸では、ほっとして自分が休んでしまい、気配りが不足し、自己評価はかなり低くなってしまいました。

また、今回は順路を変更したので、タイムスケジュールが気になり、途中の説明を端折ってしまう結果となりました。この反省を踏まえ、今後はもっと素晴らしいツアーにするために、スタッフと密に練り上げるようにしたいと思いました。

《参加者みなさんの感想》
地域の財産だから、テーマの「湘南の残したい資産、生活文化と季節を感じる風景」は魅力的です。

鯖寿司は珍しくとても美味しかった。

トイレタイムは、もう1回ほしい。

吉田五十八自邸などが保存活用されるとよいと思います。ぜひとも見学がしたいです。

20代の大学生など若い子が参加するような企画などを実施し、今後の二宮の魅力を伝えていくのを担ってもらえる人が増えるといいと思います。

見学だけでなく、そこに住んでいる方のお話を伺えたり、主催者のお話も興味深かく、とても良かったです。

別荘文化を知りたい。

ガイドをはじめ、ご一緒した方からもいろいろな話が、歴史などが聞けて、とても楽しかったです。

自然と文化が一体化しているところが魅力的でした。

二宮出身ですが、知らないことが色々あり、今回参加して興味深いお話を伺うことができました。

今日は参加できて良かったです。

ゆったりで、いろいろあって楽しかった。貴重な催しだと思う。

知人の家がある二宮とは別の面を見られた。

彩弁当よかった。

個人では伺えない場所を訪問でき、期待以上だった。

二宮は吾妻山散歩(桜、菜の花)の時のみの訪問で、町そのものは始めて、何もかも珍しく、良い思い出もできました。

旧山川邸と現在の所有者のお話、主催者の案内が楽しかった。今後も続けてほしい。

昔、二宮で働いていて、よく知らなかったので、今回参加しました。説明が良く、楽しかったです。

楽しかった。もっと二宮を知るイベントに参加したいと思いました。

資料がすばらしい。よく調査していて感心した。これからも続けてください。

 しお風 神保智子