昨日3月22日は二宮町議会最終日。
088
表決する町長議案は19件、陳情は3件です。朝9時半から傍聴し12時過ぎても町長提出議案の条例審査の表決が終わりませんでした。

13件中5件が否決され、そのうち3件は来年度当初予算の変更に関わっています。異様に長い昼食休憩。13時45分から3件の陳情表決、1件は総務建設経済常任委員会では不採択でしたが、本会議では全てを採択。その後予算審議の前も2時間近い長い休憩時間を取って16時15分から再開。

すると二宮町は当初予算案を前代未聞の撤回。町は「条例案と予算の間で食い違いが起きてはいけない」と否決された三つの条例改正案で削減される予定だった678万円を予算上に復活させる修正予算案を提出、即時表決を求めました。

その修正予算案から新庁舎整備事業の埋蔵文化財発掘調査委託料は残し、基本設計委託料5,051万5千円を除いた修正動議が7人の議員から出され、修正予算案が7対6で可決されました。

町の良いように議会が転がされたように感じました。


  しお風 神保智子