共育のまちづくりイラスト
11月10日に地域コミュニケーション紙「しお風」97便を発行しました。

しお風97便
1999年11月1日に創刊してから20年間年4~6回発行し続けることができました。まちづくり工房「しお風」のスタッフはもちろん応援してくださった皆さんのおかげです。

私の一生のライフワークとしたいとおもいますので、これからもよろしくお願いいたします。

「しお風」の夢は「住民が主役の共育のまちづくり」。これを具現化するためには、人権啓発がまだまだ必要だと思います。

二宮町では町民や役場職員、議員のみなさんと関わりの中で「こんな発言しても良いの?」「こんな発言を見過ごしても良いの」と思うことが多々あります。
また、自分の発言や行動でも配慮が足りなかったのではと後悔することもあります。

とにかく、立場の違い、もし自分に起こったことだったら、どう感じるのかと想像できる力を養いたいと思います。「しお風」の基調である「愛」と「夢」を追及し続けます。

「しお風」 神保智子