地域コミュニケーション紙「しお風」は住民が主役の共育のまちづくりを具現化したいと活動を続け、11月で20周年を迎えました。
しお風97便
97便の内容は、



しお風のつぶやき「二宮の魅力を掘り起こし伝えて10年!walkwalk地域探検ツアー。」



などです。

97便は20周年を祝う記事はなく、淡々と編集しました。

しかし、「しお風」をライフワークにしたい。住民が主役の共育のまちづくりの具現化に向けての想いが強く込められています。

ぜひ、ご感想やご意見をお寄せください。こちらからご覧いただけます。

なお、今日11月11日の午前中、奈川新聞記者の方から「しお風」20周年についての取材がありました。取り留めのない長話をしてしまいましたが、記事掲載が楽しみです。


「しお風」 神保智子