「しお風さんは、「住民が主役の共育のまちづくり」を具現化したいという夢に向かって悪戦苦闘中。つい力んでしまい、身体はいつもへとへと。

昨年は長期休養もしたなかで、ぽんぽこファームの中村隆一さんが紹介していた「畑で古武術」に12月18日(水)参加してみました。

畑でリラックスしながら身体の力を抜くことを身に付け、心の緊張も解いていくということですが、運動音痴の私でもできるのかと半信半疑でした。

すると、最初の実践で「え~、何で?」という驚き。私だけではなく、参加者は驚きの声や不思議さで呆然としていました。自分の身体の力を抜くと、対抗してきた相手を軽くいなせてしまうのです。

そして、2時間次から次へと体の力を抜くことを楽しく実践していくと、身体のコリもほぐれ、血流も良くなったのか、身体も温まり、心地よい眠気まで生じてきました。終了後は、モヤモヤしていた心も軽くなりました。

講師の方条遼雨さんは、平易で面白い話術で指導してくださる好青年で、玄武術天根流の創始者。
20191218_145348 (002)
20191218_145314 (002)
玄武術が一番大切にしていることは「脱力」、無駄な力を抜くことです。これは、武術だけでなく、スポーツ、デスクワークなど日常のあらゆる行動の質を向上させることができるそうです。
ですから、スポーツ指導者、ダンサー、パフォーマー、格闘家、文筆家など、ジャンルを問わず幅広く「体の使い方」を指導していらっしゃるのも納得です。

関東を中心に全国の教室で活躍されていらっしゃいますが、ぽんぽこファームでの開催は中村さんが実践している自然農法の微生物ネットワーク農法と通じるものがあるからです。ふかふかの土の上で古武術を習っていると大地から力を得、身体の力みが失せ自然体でいることが容易になり、大地からエネルギーをいただいているような気がします。

1月11日に方条さんの著作「上達論~基本を基本から検討する」(PHP研究所、1600円(税別))が出版されました。
20200121_135104 (002)
「しお風」さんの夢も芽を出せるように、この本を読んで「畑で古武術」を再体験してみます。成果が楽しみです。


「しお風」 神保智子