東京大学果樹園跡地で2019年4月からwalkwalk地域探検を始め、二宮災害ボランティアネットワークの内山俊夫さんも参加。

その中で跡地は広域避難所であることや災害発生の想定もしやすいことから災害救援ボランティア疑似体験イベントを企画。

「しお風」も二宮災害ボランティアネットワークが主催する3月7日の「災害救援ボランティア疑似体験」を共催し、その一環として跡地内の水質調査も計画しました。

「災害救援ボランティア疑似体験」は、新型コロナウィルスの感染防止のために延期になりましたが、水質調査はこの機会に実施することにしました。3月17日に東京大学果樹園跡地内の井戸水と池に流れ込む湧き水を採収し、保健所に細菌学的検査及び理化学検査を依頼しました。
20200317_090534
20200317_091616 (002)
20200317_091954 (002)
井戸水は一般細菌だけが不適合でしたが、使用頻度を多くし、流水状態にすると一般細菌は減少するそうです。
IMG_20200327_0003
IMG_20200327_0001
跡地は広域避難場所ですので、町の防災井戸の指定ができるかどうか、町へ協議してみたいと思っています

「しお風」 神保智子