6月27日に語りと和楽の芸人衆「かたりと」の北原さんと小池さんを山川方夫が「夏の葬列」に描いたと想定される場所と旧山川邸を案内いたしました。 
P8241878t (002)
前号地域コミュニケーション紙「しお風」から「山川文学まち散歩」を連載開始したのは、北原さんから「夏の葬列」に登場する芋畑が里芋畑か、さつま芋畑かと問合せがあり、調べ出したのがきっかけでした。

度々メールをやりとりし、北原さんの山川文学へ寄せる思いに感心し、芋畑の強烈な印象が私にも伝わりました。

山川生誕90年の今年にお二人は「夏の葬列」の上演を計画していましたが、コロナ蔓延で難しくなってしまいました。山川文学に大きな影響を与えた二宮で実現できたら、良いなと思います。

案内途中で蘇峰堂の元茶室であった臥龍荘も現在お住まいの方のご厚意で室内も拝見できることができました。
20200627_153536 (002)
20200627_161001 (002)
最後に二宮の地魚を召し上がっていただこうと今年5月に開店した「うおぴの」を訪れ、大いに盛り上がりました。
20200627_174814 (002)

「しお風」 神保智子