「walkwalk地域探検」は、まちなか♡遊学文化活動として東大二宮果樹園跡地で行っています。
今年度は特にカラタチの保全と門からのアプローチ、フェンス沿いの花壇の草刈りと花の手入れ、植生・全国有数の諏訪脇横穴墓群・県内有数の二宮層露頭・内田祥三元東大総長が監修したと推定される建物などを調べ、跡地の隠れた魅力探しを行う予定です。

昨日7月22日(水)は「walkwalk地域探検」の定例活動日。

グランドが溢水し、その対策で水を流す水路ができ、せせらぎのようになっていました。かなり急流です。この水は、どこから?
20200722_145411
20200722_145408

20200722_145321 (002)
20200722_155156 (002)

20200722_155756
20200722_155841
今日23日(木)に生命の星・地球博物館に「しお風」創刊20周年誌を届けに。どこから始めたらよいのかを知り合いの学芸員さんに伺うと、隣の温泉地学研究所の学芸員さんを紹介していただき、訪ねて行くと祭日で休館。残念でしたが、調べたいことができてワクワクしています。
20200723_141452 (002)
20200723_143348 (002)
20200723_143315 (002)
カラタチに絡んだヤマツタ、葛などや枯れた枝を取り除くのは、鋭いトゲでかなり痛いし、気をつけないと怪我をしてしまいそうですが、風通しが良くなり木が喜んでいるように感じています。また、来年の春に白い花があふれるように咲くのを楽しみにしてワクワクしています。
20200722_155418
今年は花の種も注文して、フェンス沿いの花壇を来年は花いっぱいにしたいと夢は膨らみます。ここ2年は体調を崩し、花壇がまた荒れてしまったけれど、それでも百合や浜撫子などが咲いています。

「しお風」 神保智子