2月24日(水)に「東大果樹園跡地魅力探訪」の試みを実施しました。
20210224_110647


東大跡地魅力探訪の試みちらし
この試みは、来年度から季節ごとに定期的に行う東大果樹園跡地を拠点とするチャリティ(東京大学果樹園跡地活用協議会に寄付)町歩きへの意見をいただくため。

そして、全国有数の諏訪脇横穴墓群・県内有数の二宮層露頭・内田祥三元東大総長が監修したと推定される建物も含む近代建築群と自然が一体となった跡地の魅力や果樹園がここにある理由を共通認識していただくために協議会会員向けに行いました。

参加者11名(内幼児1名)、スタッフ5名、ゲスト解説者1名。
ゲスト解説者の元大磯町郷土資料館長鈴木一男さんに負うことが大きいですが、参加者は感激し、企画意図も達成し、大成功でした。アンケート集計結果をご覧ください。

二宮駅北口-タリーに集合し、吾妻山から二宮の特異な大地の成り立ち、弟橘媛からみかんとの関り、湘南軽便鉄道による二宮の発展への希望、明治後年から大正時代に別荘が多くなったことから、東大二宮果樹園の前身の園田男爵の別荘、二宮層からかまど石の石材産業の隆盛、関東大震災による衰退によるみかん栽培の期待からの果樹園誘致。ラディアン裏の天神谷戸遺跡による住居址と横穴墓の関係などを私がガイドしながら、東大二宮果樹園に向かいました。
1614146978223
1614146998764
東大果樹園跡地ではゲスト解説者鈴木さんとスタッフの内山さんが土器と土師器をセッテングして迎えてくれました。そして、横穴墓の全般的な解説と諏訪脇横穴墓群の貴重性の解説を鈴木さんにしていただき、実際の横穴墓や近代建築物、露頭を私たちがつくった見学路を回遊してガイドをしました。

20210224_111553
20210224_111703
1614147038926
1614147034276
1614147030247
1614243266831
1614147030247
1614243240093
1614243247546
1614147074069
アンケート集計20210224
アンケート集計20210224-2

「しお風」 神保智子