しお風ブログ「湘南❤風と星物語」in二宮

湘南の小さな町二宮の魅力や課題を二宮をこよなく愛し、まちおこし活動をしている「しお風さん」が自分の足でくまなく取材しながら伝えています。 時には浮かれ、時には落ち込み、仲間に励まされながら、テンテコ舞しながら、共育のまちづくりを進めようとしている日々をレポートしています。

カテゴリ: 地域コミュニケーション紙「しお風」

明日2月10日に地域コミュニケーション紙「しお風」103便を発行いたします。内容は提言「持続実現都市づくりの一環としての新庁舎整備を!➁」では「しお風」が考える代替案「吾妻山をシンボルとする町の顔と防災・コミュニティづくりとなる庁舎整備の概念図を掲載しました。 ...

明日12月20日に地域コミュニケーション紙「しお風」臨時増刊号を発行します。二宮町内の新聞朝刊に折り込まれるほか、ポスティングされます。12月6日に新庁舎に関するシンポジウムが開催されましたが、どうなるのか不明のまま不安な状況ですので、止むに止まれぬ想いから臨時 ...

地域コミュニケーション紙「しお風」101便を明日11月10日発行します。内容は提言「近代建築物を活用した二宮の魅力づくりを!」やじうま議会ウオッチング令和2年9月議会「凛とした質問で争点を明確に」こんな公職者にイエローカードを「議会中に町長欠席!責任は?」しお風の ...

地域コミュニケーション紙「しお風」は、その名のとおり、地域のコミュニケーション、住民の意思を伝えあうことに重点を置いています。「住民が主役の共育のまちづくり」、つまり真の住民自治を目指しています。現在、世界や日本の国政を見ても、不穏であり、コロナの感染拡 ...

今日8月10日(月・祝)に地域コミュニケーション紙「しお風」100便を発行しました。創刊してから20年10か月が過ぎ、100回目の発行となります。提言は「不祥事から見える町役場の無責任組織風土の改革を!」、やじうま議会ウオッチングは「審議より心に残る住民不在の不協和音 ...

↑このページのトップヘ